2019年06月25日

カラダに無理ない糖質を

人と人との思いやりとセルフケアの大切さ

このブログはメール相談案内
元気に繋がる内容などを載せています



今日は  健康のことを


年齢に関係なく 増加傾向にある糖尿病

慢性的に血液中のブドウ糖濃度が
高くなってしまい 病を発症するのですが


ブドウ糖は 体内にとって
重要な エネルギー源とも言えるもの


インスリンは ブドウ糖を効率よく使いながら 肝臓や筋肉などの細胞内に取り込ませたり   中性脂肪に変えてエネルギー源として蓄えたり  、糖新生をつくるなど

すい臓から分泌されている
必須ホルモンでもあるのですが


高血糖が続くと  全身の血管や
神経ダメージを受けてしまうと
言われています。



糖尿病の合併症には

糖尿病網膜症、糖尿病腎症、
糖尿病神経障害、脳梗塞、壊疽、
狭心症、心筋梗塞、下肢閉塞性動脈硬化症

白内障や 歯周病など

自覚症状として、なかなか現れないものも多く  知らない間に合併症が進行してしまうことがあるのも 糖尿病の特徴ですが

薬物療法、食事療法、運動療法から
血糖値をコントロールすることで
日常生活は送ると言われています。


インスリンが 上手に働かない原因の中には、肝臓に脂肪が余分に プクッとついてしまう場合がありますので


体重と 脂肪は 程良い 設定を
行わなければなりません


歯磨きを行なっている時に
足踏みの運動をしてみたり


朝と夜の2回
階段の段差や 踏み台を使って
昇降を 1〜2分ほど 軽度な 運動は
継続すれば   下半身の筋力アップに


他にも  糖尿病治療中の方は
低血糖も 起こり得るのて
ブドウ糖を 常備などを心がけながら

日頃の血糖値をコントロールすることで

過ごしやすい環境を整えることもできるんてす。



食べ物などは
脂質の吸収を抑えてくれる
オクラ、ごぼう、リンゴなどの
水溶性食物繊維を含む食材を
積極的に摂り入れてみたり


糖の代謝を助けてくれる
豚肉や 大豆などのビタミンB1 を
組み合わせて  


豚肉とゴボウのキンピラ炒めや

蒸し大豆とオクラのサラダ


他にも 血糖値の上昇を 
穏やかにしてくれる

海藻類、キノコ類、ごぼう、
こんにゃくなどと

玄米や もち麦 などの 炭水化物を組み合わせると  糖質の吸収が 緩やかになりますので、    炊き込みや  リゾット から

炭水化物も 摂取できるかなと思います


なるべく食事は 単品を避けて

お野菜も 食べられるように工夫したり

お酒の席では  おつまみの選び方から

枝豆、青魚、お豆腐、サラダなどを


甘い物も  ダメダメと思うよりも

糖質カットのものなども豊富にありますので、無理なく 摂取してみて下さい



これからの暑い時期には

炭酸飲料、清涼飲料水を飲む方が

増えるかも知れませんが、糖分たっぷり

の物が多いので  1日 一本以内から

調節が必要かと思います。


食生活の見直しは 
寿命や体調に関わります


皆様の 健康管理に  お役立て下さい



読んでくれた方 ありがとうございます


F21BD296-CEDA-424A-A99E-F58676BFE726.jpg

今日も   完璧よりは、 程々に
 
微笑みある 1日を お過ごしください















posted by ブルーローズ at 17:59| Comment(0) | 相談 元気 心 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月17日

冷静さを失う前に一呼吸

人と人との思いやりとセルフケアの大切さ
このブログはメール相談案内
元気に繋がる内容などを載せています



今日は 気持ちのことを


仕事、友人、家族…
どの位まで 冷静に対応ができますか?


実際に 人ごとから、 自分ごととなれば

感情的な揺れが 生じるかも知れない



人の悪い所… 人の体型…  人の行動

ここに 気持ちを 主に置いてしまったり


家族に対する 言動が 強めとなれば


他者に対し 表と裏を使い分けながら


果たして、その心は…

 誰のために  あるものなのか


社交辞令や 綺麗事の関係が
世の中には存在しているのも事実




冷静さを失いかけた時
感情の抑えが効かない時



馬鹿にされていると 勘違いしていたり

我慢させられていると 思い込んでいたり



事実を知らないまま 確認もしないまま

 相手の考えを決めつけてしまったり


判断を間違えてしまう事が
人には あるのかも 知れません



人間関係の中で 過大表現する発言なら

気を引きたい 要因が 見え隠れしていたり


冷静さを失えば  会った事もない人間へ
怒りを向ける人だっている



とても 酷い人がいたの…

いつも振り回されて困るの…  

あの人のせいで…     などの 言葉には


相手よりも 自分の感情が溢れ出ています



真実を知らないまま 冷静さを失えば

その発言を 他人が聞いたら?
どう思うでしょうか…


どんな 時間の中で 生きていますか?


大事な 答えは 全ての人間が揃わなければ
食い違いが生じてしまうかも知れません



人には 色んな一面があります

私も含めて  完璧な人間なんて存在もなく

社会的なイメージは 他者が描きながら

その一面が 全てではないと…



冷静な判断には 必ず 聞く心があります



思い通りにならない応えが あるなかで


不満を常備して  地雷を踏んでしまうなら

あなたの笑顔が 1つ奪われてしまう…


汚れなき心には 淀みない環境づくりも
必要となってきます



必要のないプライドを常備すると
冷静さの邪魔ばかりをします


妬みや嫌味のトリックから目覚めないまま

あなたの良さが 薄れてしまうかも知れません




温もりを持てる 心が  本当は 眠ってる



感情的になる前に  6秒 自身へ質問を…


あなたの為にある想いと
相手の為に ある想いでは

状況が 大きく 変化してしまうのです



イライラの素 が 自分だったとき

その心を 責めないであげて下さい


あなたを大切に できるのも あなただから



 冷静さを失うほど 感情移入を するよりは


 深呼吸を数回行なって 抑え方の微調整


数秒の間を置いて  冷静な心と


傷つけ合わない距離感を 大切に


世の中の平和と安定が 増えますように




読んでくれた方ありがとうございます

48BB7B28-2474-4F65-8BD4-7CB95292E558.jpg

今日も 周りへの感謝の中で 心地よい時を

 大切な人と  お過ごしください









 

posted by ブルーローズ at 12:40| Comment(0) | 相談 元気 心 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月11日

守りあうカラダへの健康意識

人と人との思いやりとセルフケアの大切さ
このブログはメール相談案内
元気に繋がる内容などを載せています



今日は  健康のことを


皆さんは 毎日、若しくは毎週、毎月、
血圧を測定しているでしょうか?


健康診断以外でも  定期的に測定を行う事は  実感や 予防にも繋がることと思います


常に正常値なら問題はおきませんが

日本人は 約4300万人が高血圧と言われ

男性は30歳頃から上がる方も多く
60歳以上となれば 6割以上

女性は閉経後 などの理由から
50歳以上から大凡 4割に上がるとのこと


血管や 心臓に かかる負担へのリスク…

血液を送る機能が正常ならば
血管壁を押す圧力が
上がることもないんです。


見えない分… 動けるから…まだ大丈夫

何を食べても 平気平気などと
述べる方も多いのですが


その暮らし方を 若い時から 
何年も続ければ   大丈夫とは言えない時が
訪れてしまうかも知れないのです


外掃除をする時のホースだって
出したままにしておけば 
切れたり破れたり 漏れたり  汚れたり…


ビールやドリンクのサーバーだって
掃除をしなければ  詰まったり
味が落ちたりなどの変化が起きます


見えないだけで  皆さんの身体には

全身に血管が張り巡らされながら

其々の自由な使い方に身を置いてしまう




何歳まで使っていたいですか?

そのカラダには 取り扱い説明書は無く

付属部品の交換がない部位もある




使い続けていくからこそ 大切に取り扱う

何歳からでも 遅くない 心掛けが

あなたの体内管理となっています。


高血圧の要因には

塩分の摂りすぎ 、肥満、多量飲酒

怒り、ギャンブル、運転、性交 など



月日や年数が経つほど 過剰な行いは

更なる病を引き起こすと言われ


心臓病、腎臓病、糖尿病  血管事故などの
問題が 増えてしまうかも知れません


暮らし方の蓄積は 人生を左右しています



そこにはココロの状態も 関係し

自制や 自己管理が難しい場合は

整えよう…よりも 我慢我慢と気持ちが
ストレスの方へと 動いてしまうかもしれないのです



食べたい物を  程よく食べられて

身体が動き続けられる方は 少なからず

努力をしている方と思います



たった一つしかない

カラダは唯一無二の存在



高血圧の方は 糖尿病にもなりやすく

そのリスクは3倍に上がると
言われています


少しでも 自由に楽しく 過ごしていたいと思う方なら


塩分や脂質の多い外食は
1日1食までに抑えてみたり


小松菜、アボカド、かぼちゃ、ほうれん草

大豆、海藻類、アーモンド、ゴマなどを

日常的に摂取することで 塩分の排出を
促すなどから 血圧をコントロールしたり


ストレスからの上昇要因には
緊張を緩める働きにもなる食材などを

イカ、タコ、ホタテ、カキ  には
血管を拡張する働きとなって

血圧への負担を減らせる効果が

但し、塩分が多いものもありますので
食べ過ぎない 範囲内で 摂取して下さい


イカと小松菜をニンニクと炒めたり
タコとワカメの酢の物
ホタテのバター焼きに レモンをかける

などの 組み合わせから上昇を防ぐなど

働きがけの参考になればと思います



ほんの少しの 心掛けから

笑顔ある 暮らしに向けて お過ごし下さい


読んでくれた方 ありがとうございます


D4A29A93-306E-4CD2-8909-47FF31149247.jpg

今日も  続けられる優しさを大切に 



















posted by ブルーローズ at 13:50| Comment(0) | 相談 元気 心 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする