2019年07月31日

誰もが持ってる怒スイッチ

人と人との思いやりとセルフケアの大切さ
このブログはメール相談案内
元気に繋がる内容などを載せています


今日は ココロのこと


あの人のこと… 何故か気になる…

その気持ちの奥に眠るもの…

好意なのか 悪意なのか

どちらにしても  人の心は動いています



嫌いじゃないけど…好きでもない…
大切だけど… 時間は無い…
友達だけど… 幸せや繁栄は願えない…


慕う理由や 関わる訳…
人によって 感情は どこにあるのか


複雑な気持ちを抱えながら

関係性を保とうとする矛盾


気付かないまま 時を刻み

怒要素は その身体を蝕みながら 

脳内では 感情の老化現象となって

エスカレートしてしまう方も多いんです


バレては困る中に 封じている 真意…


その感情は 本当の あなたでしょうか?


どれだけの月日や出会いを 重ねても

そのココロが 歪んでしまえば

過去や 気持ちは埋まらない…


言ってはいけない感情を抱いた時

相手に悪意が ない場合と ある場合


気持ちを 抑えることよりも

伝えたいことを、 どう 伝えるか

その時と 言葉のタイミング…
 

言わないのに 言いたい 心の矛盾…



大切な 気持ちを 置き去りにして

イライラの態度を前面に出すのでは


会話の方向性が ズレてしまったり


絶対的な 妄想理想値を 決めてしまうと

他者を ジャッジすることが増えて

正解ではないココロの声が 

感情的に現れてしまうかもしれません。


傷付いたから傷付けていい訳でもなく

関係性は 闘いではないのです



お互いの 良いところを活かせるように

他者の指摘をする話題から

自らの良さを 増やせる時の使い方へと

ご褒美言葉を  増やしてみませんか?



生きているなかで  怒スイッチは
誰もが持っているものでもあります


そして 脳が老化すれば前頭葉の萎縮で
更に 頑固さや 柔軟に物事が 考えられなくなってしまうこともある…



脳内の健康や 老化防止には
攻撃戦闘レベルだけを上げないこと


大事に思うからこそ
言うことを聞かせようの説得では

従えの 愛情を伝え過ぎて
相手が 大事にされていると感じることは
少ないかもしれません。



あなたの良いところ が増えると

相手の良いところも 見えてくる


今、見ていることが 全てとは限らない


置かれている環境や 選んでいる人間関係

時には  見直しなどが 必要かも知れません



ココロが 誰かに踊らされていれば

ユラユラと 感情浮遊して

自身を好きになりたい願望だけが
今について回る



誰かと 競う 24時

あなたの人生なのに …  


他者から ココロを揺さぶられ

自身に 誤作動が生じるよりも


貴重な 人生の時間を   大切に

あなたの幸せや価値は 

そのココロが 決めている



何に、どう使うかは  自由枠の時代


心が汚れなく 過ごせる今を大切に

言の葉から 元気と笑いを  


読んでくれた方の 笑顔ある日々を願っています

FCFD86C8-AE43-4441-A64C-B00AC3E3CEFA.jpg

今日も  穏やかな1日なら ありがたい

良い方に 気持ちを運んで  運気アップ

posted by ブルーローズ at 14:02| 相談 元気 心 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月23日

カロリーよりも 健康寿命

人と人との想いやりとセルフケアの大切さ
このブログはメール相談案内
元気に繋がる内容などを載せています


今日は 健康ケアのことを


日本は 長寿者が多い国と言われておりますが  寿命が 長いだけで
本当に幸せと言えるでしょうか?


平気寿命が延びても病気期間が長い生活では、結局困ると述べる方が多いのです。



健康寿命への  質を高める暮らし方

誰にでも起こり得る病気のリスク


どんなに 御顔をキレイに 仕上げても
不健康、不摂生なら  輝きは半減となって
心の元気が 奪われてしまうかも
知れません。


予防の為に できることは

未来への 医療費を減らす事に繋がると

考えれば   やらないよりは やってみよう

健康寿命は  日常の積み重ねから
成り立っています。




お食事を選ぶ時、栄養を考えたとき

例え ダイエット中でも 
美味しく食べられるように


気持ちを追い込まない 整え方は

カロリーだけに 気持ちを向けないこと


人間は タンパク質、糖質、脂質から

カロリーを摂取し 燃やしています

低カロリーだけに意識が向けば

タンパク質量が 減ってしまい

代謝が下がって冷えや むくみ
太りやすい体質を 作り出してしまうかも知れないのです。


それよりも  海藻類を摂取しながら
お肉類を 食べることで 消化吸収を助けたり   

脳を構成する為に  亜麻仁油 やエゴマ油を 毎日 ティースプーン一杯の脂質を摂取しながら  心臓やホルモンバランスへの
影響を防ぐことから 燃焼率を上げる事に繋げることは  体内の手助けへとなっています。


もしも 体内にとって 
必要不可欠 な 栄養が不足すれば  

様々な体調不良や 代謝不良を
招いてしまう…



これからの季節には   喉が渇いた時

太りたくない時など

ゼロカロリーを選ぶ方もおりますが


カロリーが無くても
甘味が 人工甘味料なら  脳は糖と勘違いして   エネルギーに変えようと頑張ってしまいます…  


糖が含まれていない人工甘味料では 

エネルギーを生むことができず


結果、 糖が足りない

もっと  糖を欲しいぞと  体内が反応


体内は 気持ちの治りが  付かない状態に


ゼロカロリーに 拘るよりは
脳内疲労を増やさない為に
甘いものを少し入れて 心の元気を


但し  清涼飲料水は 糖質が多いので
糖質制限のある方や、糖質を取り過ぎない為の 摂取量は  個人差がありますので
一日 1〜2本以内を目安になさって下さい



今後の 健康寿命に向けて  
参考になればと思います


読んでくれた方 ありがとうございます


121B7E3A-2320-4342-8007-B0E63D5F4447.jpg
今日も  程よく笑って  好い加減を

大切な時のなかで  お過ごし下さい















posted by ブルーローズ at 15:02| 相談 元気 心 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月17日

目を守ればシミにも

このブログはメール相談案内
元気に繋がる内容などを載せています


今日は  健康のことを


紫外線対策は
どの位行っているでしょうか?


1年のうち 特に紫外線量が増える
春から夏には 肌への影響を防ぐ為に
日焼け止めクリームや UVカットの物を
利用する方も多いかと思います。


肌は守れていても目を守っている方は
少ないかも知れません


目に入る紫外線は
殆どが 角膜や 水晶体で吸収されて
1部は網膜まで到達するのですが


実際には  目から入る紫外線が
皮膚のシミを増やすことに繋がったり

紫外線から肌を守ろうと
脳からメラニン色素を作ろうと働きがけ

肌の色が 濃くなってしまうなどの
要因にも値すると言われています


角膜が強い紫外線を浴び続けると
白内障を発症させたり 進行させてしまい
濁って見えにくいまま放置すれば
失明の恐れもある疾患にも繋がりますので

UVカットのサングラスや
コンタクトレンズなどから 労りを…


加齢と共に ゼアキサンチン、ルテイン
の色素が減ると 網膜が紫外線の影響を
受けやすくなってしまうんです

食事などに コーンやほうれん草などの
緑黄色野菜を多めに入れながら


目の紫外線対策は 、その 瞳を 長く
保っていたい方には 必要不可欠かと。


まだまだ 暑さも続き

紫外線が 照り付ける季節でもありますので  無防備な 目の解放を 防ぎながら


見える事への 有り難さを忘れない気持ち

ここから 大切さは 生まれてくるかなと


夏の強い 紫外線から
肌や目を 守ってあげて下さい


F3DC316E-9157-4A7C-9971-9A9BB8D27879.jpg
読んでくれている方々
いつも ありがとうございます


ご相談 、お問い合わせ下さる方の
胸の内が 軽くなる事を 祈っております


心が笑えば  御顔もほころぶ

今日という 1日へ  感謝を込めて
posted by ブルーローズ at 14:59| Comment(1) | 相談 元気 心 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする